MESSAGE MESSAGE

わたしたちの想い

わたしたちの想い

素肌本来の美しさをサポートしたい。
洗顔だけでお肌がよろこぶ、
シンプルなスキンケアを目指して
約10年間の研究開発を経て生まれた「HAP+R」
その誕生秘話をロズリン・ヘイマンが語る。

どんな経緯で、スキンケアブランドを立ち上げられたのですか?

「ほんの少しの外出でも、しっかりメイクをしないと…」という知人の言葉がきっかけでした。

彼女の素肌はとても美しいです。それにも関わらず、“しっかりメイクをしなければ”と思ってしまう。それをとても、もったいないと感じました。

もちろん、メイクをすることは楽しいことですし、それで綺麗になるのは素晴らしいこと。ですが素肌にも、あなたが育んできた美しさがあるはずです。

その美しさを発揮できるサポートがしたい、そんな想いは、私たちが研究を続けてきたアパタイトが実現してくれました。というのも、アパタイトはある一定の皮脂、しかも肌にダメージを与えるとされる皮脂にのみ、吸着することがわかったからです。

大切なお肌に使うものだから、こだわり抜いた自社処方。知人の一言と私たちの研究がうまく結びつき、HAP+Rブランドは生まれました。

研究の歩み

サンギが目指すスキンケアについて教えてください。

サンギが提案するのは「シンプルスキンケア」です。

お肌は天然の皮脂によって守られています。しかし、強い洗顔やクレンジングでうるおいをサポートする皮脂まで落とされてしまうと、外からの保湿成分、つまり「与えるケア」が必要になります。

私たちが目指すケアは、肌由来の皮脂で保湿するというシンプルなもの。そもそものうるおいを保つ皮脂を「残す」ことで肌本来が持つ保湿機能やバリア機能を最大限に活かし、洗顔だけでお肌がよろこぶケアを叶えます。

アパリンの選択吸着とは

ブランド名:HAP+R(ハップアール)に込めた想いを教えてください。

サンギが数十年にわたり研究している人体の重要な構成成分HAP(ハイドロキシアパタイト)を活用し、美しい素肌を+R(Release)解放させたい。そんな気持ちを込めて名付けました。

あなたにその思いを運ぶスキンケアであると信じています。

PROFILE

株式会社サンギ 代表取締役社長

ロズリン ヘイマン

ROSLYN HAYMAN

オーストラリア生まれ。留学がきっかけで、夫(現サンギ会長・佐久間周治)と出会い、日本に拠点を移す。

国内において記者や証券アナリストなど多彩なキャリアを経て、99年にサンギ入社。16年より現職。

現在は幼稚園理事も務める。着物をたしなみ、ネコとの暮らしを楽しむ。ワインとゴルフを愛する一面も。

SHOP

オンラインショップでもお買い求めいただけます。 SANGI SHOP